2016年1月30日 新年会を開催しました。

ご来賓、組合員、関係各団体の皆様50名が参加されました。
内田都議会議員、山田美紀衆議院議員をはじめとする多くのご来賓が来場されました。

秋山理事長 新年会挨拶

皆様おめでとうございます。
昨年の当商店街の活動にご協力いただきましたこと感謝申し上げます。
昨年、当商店街では講師を招き神田の歴史、また神田祭りの歴史的変遷を勉強する「神田ブランディング研究会」を行いました。
この神田は江戸開府当時、日本橋、京橋の一部地域と共に江戸古町と称される
歴史的にも由緒のある地域です。ある意味、戦後合区によって作られた千代田区より全国的に名の通った地名です。
日本橋、築地、銀座など店名の前に地名をつけることが当たり前のように行われていますが皆様の店名の前に由緒ある「神田」をつけることによりこの地域の価値が上がり集客に繋がると考えています。

また、昨年秋には商店街視察を行いました。
普段めったに行かない世田谷の桜新町商店街(サザエさん通り)や近くの日本橋人形町、台東区の谷中商店街など視察しましたが共通しているのは町の歴史や
イメージを使った観光地になっていることです。
神田でも観光地化がどのように確立されるのか皆様と共に考えてゆきたいと思います。

この年末年始は西口通りに提灯を飾りました、西口通りでもインバウンドの方が多く来街され提灯が珍しいのか多くの方が写真を撮っていました。
このような地域のイメージ作りは意識しないと作れないので関係各団体と協力し江戸古町「神田」のイメージを作ってゆきたいと思います。
このためには地域の安全安心が最低限のインフラになります。水曜、金曜日に行夜間パトロールが無ければ神田地域の安全安心が注目されることも無いと考えています。
昨年千代田区客引き防止条例が関係各機関のご協力で施行しましたがキャッチ客引きは減少しません。
昨年、上部団体である東京都商店街振興組合連合会理事会で東京都迷惑防止条例の罰則強化を決議し桑島都振連代表理事が都議会議長、都議会与党幹事長に申し入れを行なったことをご報告いたします。

最後にここに居られる皆様のご商売の繁盛とご健康を祈念いたしまして挨拶と
させて頂きます。