神田駅周辺、夜間客引きへの対応ご協力のお願い

 いつも商店街活動にご協力頂きありがとうございます。
昨年10月より施行されました「生活環境条例」により、 神田駅周辺環境美化推進協議会の活動、 ならびに千代田区役所の特別チームによりまして、神田駅周辺のタバコのポイ捨てや、 道路を塞いでいた置き看板などが少なくなりました。
しかしながら、夜7:00ぐらいになりますと西口通りだけでも キャバクラやアジア系外国人のマッサージの客引きが20人から40人 程度が道路に立ち、呼び込みや客引きを行っている現状があります。
 
  (中略)
 
 昨年10月頃より神田駅周辺で暴力団員が、 水商売や外国人を雇っている店に「ミカジメ料」を要求しに回っている との情報もあり、外国人系の客引きマッサージ屋や飲み屋が相互利用関係になり、 客となんらかのトラブルが発生した場合は「暴力団員」の用心棒が対応する という関係が成立していると思われます。
 
以前、神田駅周辺環境美化推進協議会の事前会合時に区担当者に「客引き」の 道路上での排除が出来るのかどうか質問いたしましたが、 その時は出来ないとのご回答でした。
新宿・池袋などでは客引きの防止などが実施され、 安全な町づくりを行っているとのニュースを耳にします。
千代田区でも特に神田駅周辺地域では、 東京都条例「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」 などの適用を官民一体で推進し、 昼夜問わず安全な街作りをすることを目指しこの件をご検討いただきたく思います。
 

 
平成15年4月18日・神田駅西口商店街振興組合作成
『神田駅周辺、夜間客引きへの対応ご協力のお願い』要望書より抜粋

 

 上のような要望書を千代田区役所、神田・万世橋両警察署に要望し2003年5月20日、
 80名参加のもと、「違法な客引き撲滅キャンペーン」が開始されました。

hahaha
▲「神田駅周辺違法客引き等撲滅キャンペーン」時の写真
※警察署関係者の顔は捜査便宜上の為、ぼかしてあります。